これから、引っ越しの前日にしておかないといけないこととは?

これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。
まず、翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。
何時の約束で引っ越し業者が来るか、作業終了の目標は何時かなどの決められた時刻を確認し、人の動きを調整します。
荷物は運びやすいように移動しておきましょう。
業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため飲み物を用意しておくことを忘れないでください。
作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。
大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、ふと、落下させたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。
落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などということになると大変ですから、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。
私自身は、仕事の都合で何度も引っ越ししていますが、大体いつも業者と一緒に作業をしており、今まで一度も、荷物を荒く扱う業者に当たったことはなかったです。
でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、素人の自分がやるよりは引っ越し業者にやってもらった方がいいかもしれませんね。
自分の引っ越しといえば結婚のときですが、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。
実は、業者さんを頼っての引っ越しを初めてすることになり、はじめの電話だけでも緊張し通しでした。
引っ越し当日には、スタッフの方々に対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。
次の引っ越しでは人数も荷物も変わるでしょうが、同じ業者に依頼したいです。
我が家の洗濯機はドラム式なんです。
少し前に転勤により、引っ越しをしました。
新居に引っ越した日、荷解きをしていたら、ダンボールが濡れているのを見つけて業者に即、電話を入れました。
水の出た原因は洗濯機で、ホース内に水が残っていて運搬時の揺れなどで出てきてしまい、それに気付かないまま運んできてしまった、ということです。
荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、洗濯機のホースの水抜きは、ちゃんとしておかないとまた引っ越しの機会があれば、その時は忘れないでおきます。